新着情報

いまさら聞けない受験用語集 Vol.5 倍率とは?

いまさら聞けない受験用語集

Vol.5 倍率とは?

倍率とは?合格率というより「不合格者が何名出るか」と考えたほうが良いでしょう。

例えば…
ある公立高校で募集定員が400名だったとすると、倍率はこうなります。

倍率一覧
募集定員 志願者数 倍率 合格者数 不合格者数
400名 350名 0.875 350名 0名
400名 400名 1.0 400名 0名
400名 420名 1.05 400名 20名
400名 450名 1.125 400名 50名
400名 500名 1.25 400名 100名
400名 550名 1.375 400名 150名

このように、倍率によって不合格者数が変わってきます。

倍率が1.3を超える公立高校で見てみると、不合格者数はこうなります。※全日制普通科倍率平均約1.2倍

不合格者数一覧
募集定員 志願者数 倍率 合格者数 不合格者数
240名 312名 1.3 240名 72名
320名 416名 1.3 320名 96名
360名 468名 1.3 360名 108名

平成29年度埼玉県公立高等学校入学許可候補者数(PDF:415KB)(平成29年3月10日20時掲載)>>

Q:毎年、不合格者数は変わってくるのか?

  • Q:毎年、不合格者数は変わってくるのか?
  • A:変わってきます。

公立高校は毎年、募集定員を見直してきます。それによって不合格者数は変わってくるのです。

倍率が高い高校は、毎年倍率が高いのか?

では、倍率が高い高校は、毎年倍率が高いのか?
逆に倍率が低かった高校は、翌年も倍率が低いのか?

一概には言えません。隔年現象と言って、前年に倍率が高かった高校が翌年倍率が低いこともありますし、逆に倍率が低かった高校の倍率が翌年に低いことも有り得ます。

倍率が極端に高い場合には、志望校を再度検討する必要がある場合もあります。また倍率が1倍を切る場合にはほとんどの受験生が合格するということも聞いたことがあります。

困ったら相談してみる、それが一番でしょう。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 「挑戦する姿勢を育てる:中間テスト対策道場(5月)」 好評実施中鴻巣校の中間テスト対策が開始しま...
  2. 2021年度★中間試験対策授業が始まります初めての1年生、昨年以上を目指す2年生、3年生、目標達...
  3. 中間テスト対策道場実施のお知らせ恒例となりました、鴻巣校の中間テスト対策道場のご案内です。
  4. GW中間テスト対策南浦和では日程が一番早い中学校・高校の1学期中間テストが5月14日(金)に...
  5. 『オンライン英会話』の体験説明会を開催します!春休みが終わり、いよいよ新学期がスタートし...
  6. 今年から中学生。
  7. 4/17(土)新中1保護者会開催!埼玉県公立高校入試では21校で「学校選択問題(数英)」が実...
  8. 春期講習会、開講!桜も咲き始め、春を感じるようになりました。

おススメコンテンツ

(※サイエイスクールのHPに飛びます)